オーダースーツ・オーダーシャツ専門店 クラスクラシコ
TOPPAGE STYLE スタイル LADY'S レディース PRICE プライス GUIDE ガイド ORDER オーダー SALE セール
Style View Player スタイル・ビュー・プレイヤー スタイル別サンプルを
紹介しています
スーツ、ブラウスなど
レディース向け情報
オーダースーツ
お仕立て価格のご案内
はじめてオーダスーツを
作られる方へのガイド
ご注文からお仕立て
までの流れ
お買い得品満載
最新セール情報
店舗の紹介 スタッフの紹介 アクセス 会社概要 プライバシー・ポリシー
コラムTOP » スーツを長持ちさせるための注意点

スーツを長持ちさせるための注意点

オーダースーツは決して安い買い物ではないので、一度購入したら長持ちさせたいものです。
こちらでは、スーツを長持ちさせるための注意点をいくつか挙げていきますので、参考にしてみてください。

ローテーションで着用する

スーツや革靴、ネクタイなど毎日のように身につける天然素材製のものは、体から出た汗や皮脂を含んだまま連続で着用するととても傷みやすくなります。そのため、一勤二休のローテーションで着用するのが理想です。

着用後のお手入れとともに、複数着まわす事でスーツへのダメージを最小限におさえる事ができます。連続して着用する際のダメージをおさえる事ができれば、長く愛用できる事につながります。

一勤二休でスーツをローテーションする場合は3着、一週間に1回のローテーションなら最低でも5着用意しておくといいでしょう。

クリーニングは適度に

クリーニングは適度に

一度スーツを着用したらすぐにクリーニングに出す方もいらっしゃるのではないでしょうか?実は、頻繁にクリーニングするとスーツの寿命を短くしてしまう可能性があります。

多くのスーツはウールで作られており、ウールに含まれている油分はスーツの艶やなめらかさ、質や汚れ防止に欠かせません。

しかし、この油分はクリーニングによって落ちてしまうのでスーツが汚れやすくなり、購入時に比べて見た目が劣化してしまいます。そのため、スーツのクリーニングは1シーズンに1〜2回を目安に出しましょう。

長期間保管する前にクリーニングに出すのがコツです。

保管方法にこだわる

保管方法にこだわる

スーツを長持ちさせるために大切なのは保管方法です。

例えば、肩や首まわりが型崩れしやすいジャケットをかけるハンガーは薄いプラスチック製や針金のハンガーを避け、厚い木製ハンガーをおすすめします。

また、陰干しも重要ポイントです。風通しが良いところで陰干しをすると、芯材や生地を傷める原因の水分が飛んでいき、虫やカビの発生を防ぐ事ができます。

着用後は一晩陰干しする、タンスやクローゼットに眠っているスーツは1ヶ月に1回陰干しする、クリーニングに出した後はビニール袋を取って陰干しするなど、様々なタイミングで陰干しを行いましょう。

名古屋市にあるクラスクラシコは、成人式ウェディング・ユニフォームなど幅広い目的に対応するオーダースーツ専門店です。
紳士服に限らず、レディーススーツリクルートスーツのオーダーにもお応えいたしますので、名古屋市周辺でこだわりのスーツをお探しならぜひ一度お越しください。

クラスクラシコ Class Classico
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-32-20  地図はコチラから
TEL 052-264-4129
営業時間 10:00〜19:00 (年中無休)
オーダースーツ/オーダーシャツ専門店 クラスクラシコ