オーダースーツ・オーダーシャツ専門店 クラスクラシコ
TOPPAGE STYLE スタイル LADY'S レディース PRICE プライス GUIDE ガイド ORDER オーダー SALE セール
Style View Player スタイル・ビュー・プレイヤー スタイル別サンプルを
紹介しています
スーツ、ブラウスなど
レディース向け情報
オーダースーツ
お仕立て価格のご案内
はじめてオーダスーツを
作られる方へのガイド
ご注文からお仕立て
までの流れ
お買い得品満載
最新セール情報
店舗の紹介 スタッフの紹介 アクセス 会社概要 プライバシー・ポリシー

「結納返し」とは?
ご婚約者の方から贈られた結納に対する御礼としてお相手の方にお返しする金品のことです。
古くから「袴料」(はかまりょう)という名目で贈ることが慣例となっています。
「袴料」とは、「挙式に必要な袴の費用に充ててください」という意味ですから、挙式当日の衣装代という言い方もできます。

クラスクラシコが提案する「スーツを贈る結納返し」は、「袴料」の現代的なスタイルです。
失礼がなく、そして女性らしい気遣いを表現する返礼の形と言えるのではないでしょうか。
「結納返し」の相場は?
基本的に、いただいた結納(袴料)の1割を目安としすると良いでしょう。
酒料・肴料が贈られた場合はその半額ぐらいをプラスすると良いとされています。
例えば、結納が金100万円だった場合、【10万円程度の結納返し】+【酒料と肴料の合計の半額程度のお返し】というパターンが常識的なラインです。
もちろん、地域ごとの慣習・慣例によっても多少の差がありますので、お住まいのエリアで先輩やご友人に確認してみると良いでしょう。最近は現金を返礼するよりも、ス−ツや時計などのお品を贈るスタイルが一般的です。
「結納返し」の品には特別な飾りが必要?
贈られた結納のお飾り(結納飾り)と同等、または、それよりもやや控めな結納飾りを行うのが慣例となっています。
具体的には、塗りのお盆や白木の小台などに
 ・目録 ・袴料 ・酒料 ・肴料 
を載せてお渡しする形が良いでしょう。
手はかかりますが、一生の誓いをこめた心や品格を表現できます。

クラスクラシコでは、お仕立て券に写真の様なお飾りを施すことがが可能です。
また、略式の場合に最適な華やかなオリジナル・ラッピングをすることも可能です。
「結納返し」いつ渡すの?
基本的には「結納後、できるだけ早く」ということですが、最近は結納の席で結納返しも同時に行うことが多い様です。
この同時の場合、お相手から贈られる結納の金額がわからないという場合が多いので、お返しの目録に品名のみを記しておくのも良いでしょう。
例えば「スーツ一着」など目録に記す形です。お品は別途お返しとしてお届けする形となります。
その他、ご婚約・ご結婚関連のお問合わせは、クラスクラシコまでお気軽にお問合わせください。
専門スタッフが対応させていただきます。
クラスクラシコ Class Classico
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-32-20  地図はコチラから
TEL 052-264-4129  お問い合わせフォーム
営業時間 10:00〜19:00 (年中無休)
オーダースーツ/オーダーシャツ専門店 クラスクラシコ